三浦泰年について

テクニカルアドバイザー 三浦泰年について

1980年代から、日本リーグおよびJリーグで主力プレーヤーとして活躍。実弟・三浦知良(カズ)選手と共に兄弟で日本サッカー界の人気を支えた。

現役引退後は、Jリーグ・ヴィッセル神戸のゼネラルマネージャーに就任、ギラヴァンツ北九州監督、東京ヴェルディ監督、タイリーグ・チェンマイFC監督など、国内外のプロリーグの監督を歴任、テレビや雑誌等様々なメディアでのサッカー解説や全国のスクールやイベントでの講演会、また自らが持つクラブチームでの指導など、後進の育成のために現場を奔走している。

経歴

1965年 静岡県静岡市生まれ
1984年 静岡学園高校卒業。サントスFC(ブラジル)に入団
1986年 読売クラブへ移籍
1992年 Jリーグ発足。清水エスパルスへ移籍
1996年 Jリーグ・ヴェルディ川崎へ移籍
1999年 Jリーグ・アビスパ福岡へ移籍
2002年 Jリーグ・ヴィッセル神戸へ移籍
2003年 現役引退
2004年 Jリーグ・ヴィッセル神戸のゼネラルマネージャーに就任
2011年 Jリーグ・ギラヴァンツ北九州監督就任
2013年 Jリーグ・東京ヴェルディ監督就任
2015年 タイリーグ・チェンマイFC監督就任
2016年 Jリーグ・カターレ富山監督就任